酵素を摂るとどんな効果が体に現れるのか知りたい!

そもそも、「酵素」って何なの?

 

酵素は主に三種類あります。

 

ベルタ酵素

 

1.消化酵素

 

食べた物を消化したり、吸収する時に使われる酵素
⇒食べた物を様々な栄養素に分解したり、消化する時に使われます。

 

「アミラーゼ」デンプン⇒ブドウ糖
「リパーゼ」脂肪⇒脂肪酸
「プロテアーゼ」タンパク質⇒アミノ酸

 

と変換していきます。

 

ブドウ糖・脂肪酸・アミノ酸は筋肉を動かし、脳を活性化させ
身体をしっかりと動かすのに必要な材料なので消化酵素によって
分解されるのは健康的な体を維持するのに大切です。

 

2.代謝酵素

 

体温を調節したり、呼吸などの生命活動を維持する時に使われる酵素
⇒体を動かす・呼吸・汗をかく・排泄・病気への抵抗 などで多く使われています。

 

細胞の再生・自然治癒力を向上

 

 

 

3.食物酵素

 

食べ物に含まれている酵素
⇒生野菜、フルーツ、お刺身、肉、発酵食品、などに多く含まれています。

 

 

大まかにわけたこの3つが、酵素と言われているものです。
実は酵素って、本来は体内に元々あるんです。

 

それが@とAの酵素。

 

 

酵素はタンパク質の一種です。
体内のタンパク質・・・筋肉、内臓、血液、ホルモンなど。

 

 

体内の酵素を使って健康な状態を維持しているので
例えば、

脂っこいものを食べた時
体が筋肉痛になるくらい激しい運動をした時

 

は、いつもより体内酵素を多く使っています。

 

そうすると他の部分へ回す酵素がなくなってしまい
「酵素不足」の状態になってしまいます。

 

 

酵素不足だとどうなるの?

 

酵素が体内で不足すると

 

身体の維持機能が低下する
消化力が低下する
免疫力が落ちる
ホルモンバランスが崩れやすくなる

 

という影響がでます。
具体的に言うと

 

  • 口内炎・口角炎・ヘルペスができる。直りにくい
  • 消化不良・胃もたれ感が続く
  • 便秘・下痢になる
  • 風邪をひく・治りにくい
  • 花粉症やアレルギーがでる・症状が酷くなる
  • アトピー・肌荒れの悪化
  • 燃焼力が落ちるので太る
  • むくみやすくなる
  • 疲れやすくなる・寝ても疲れが取れない
  • ケガが治りにくい
  • 頭がボーっとする・集中できない
  • やる気の低下
  • 肩こり・頭痛が起きる、酷くなる

 

という症状がでてきます。

 

「最近、なんだか疲れやすいな・・・」
「食べる量はそんなに変わってないのに太ってきた・・・」

 

と思う方は体内の酵素が足りないのかも。

 

 

酵素を補うためにどうすればいいの?

 

酵素が足りず、消化不良(便秘・胃もたれなど)を感じたり
肌荒れが気になったり、何となく体がすっきりしないと思ったら、酵素不足の可能性があります。

 

上記Bの”食物”から食物酵素を取り入れることによって
身体の外から酵素を補います。

 

ただし!
すぐに食べれるファーストフード・コンビニ弁当は油がたくさんで、高脂質傾向にあり
そういう物を食べると酵素を余分に消費しがちです。

 

ただ食べればいいだけでなく、考えて食べないといけません。

 

食品添加物・加工食品・農薬・脂っぽいもの・糖分が多いもの
は、酵素をより多く消費してしまうのです。

 

 

逆に、酵素の消費を抑えて消化できる食べ物は?
おすすめするのは和食の基本、「まごわやさしい」です。

 

  • ま=豆類
  • ご=ごま・種子類
  • わ=わかめ・海藻類
  • や=野菜
  • さ=魚などの魚介類
  • し=しいたけ・キノコ類
  • い=いも類

 

食品が加工されていればいるほど
分解するのに酵素の力が必要になるので
できるだけ「食品本来」の姿が見えて、「調味料などで誤魔化されていない」味つけが好ましいです。

 

野菜も、炒めている物よりも生野菜の方が
一番酵素の消費的にも吸収的にもいいと分かっています。
※酵素は70℃以上の熱を加えることでほとんどが破壊されてしまうと言われています。
野菜で取るには生野菜でないと難しそうですね。

 

 

ですが、
仕事をしていたり付き合いで外食しないといけない・・・
という場合もありますよね。
生野菜もそこまで大量に毎食食べられません。

 

 

酵素ドリンク”なら手軽に、毎回栄養素を調べたりする必要もなく
酵素の補充として使えるんですね。なので人気があるんですね。

 

酵素ドリンクの記事はこちら⇒筆者オススメの酵素ドリンクは「○○ドリンク」!

 

酵素ドリンクが体にもたらす効果とは

 

酵素ドリンクで酵素を補うことによって
身体に良い変化を様々起こしてくれると言われています。
酵素ドリンクはダイエット効果だけじゃない!

 

健康的な効果

 

疲労・ストレス

酵素不足が続くと、体の免疫力が落ちて軽い風邪ウイルスにも抵抗できなくなります。
頭がいつもよりボーっとしたり、体がだるい・・・となるとちいさなことでもイライラしますよね。
それが積み重なって「なんとなく疲れている」「なんだかストレスが溜まっている」
と感じます。
忙しい人も酵素を取り入れると身体の中から変化が起こり
「最近調子がいい」「気分すっきり」と変わっていくでしょう。

 

 

肩こり・頭痛

消化をするのに時間がかかると、酵素が胃腸に集中していきます。
そうすると他の部分(血液、筋肉など)の酵素が普段より少なくなりますね。
体の末端部分は特に血液が巡るのに時間がかかる上に、筋肉の動きも鈍くなると
血流が悪くなり、肩こりが起きたりその影響で頭が痛くなったりします。
最近外食が多かったり、飲み会が続いている方は血流の流れにも注意しましょう!

 

 

ダイエット・美容目的の効果

 

代謝アップ

酵素が増えると食べ物の消化にも、酵素が足りるのは分かりますよね。
体の筋肉を動かす代謝酵素も満ち足りた状態になります。

 

そうすると体を動かす筋肉が動きやすくなるだけでなく、
血流がよくなり体温が上がり基礎代謝が徐々にアップしていきます。
酵素が補われて体のだるさがとれ、普段よりもやる気になって運動してみたりと、
自分の行動も変化していくかも?!

 

 

美肌・肌荒れ

酵素が足りないと消化吸収がうまくできなくなります。
それが続くと腸内環境が悪くなり、悪玉菌が優勢になってしまいます。

 

悪玉菌が優勢な腸では、消化できなかった食べ物が腸内で腐敗してしまい
ガスが多くでてお通じが悪くなったり、有害物質を作ったりします。
お通じが悪くなるとニキビや吹き出物もできやすくなりますし、
有害物質が腸内にとどまり続けることで肌へ様々な影響を与えます。

 

腸内環境が悪いと肌荒れだけでなく、アトピーなどの皮膚疾患にもよくないので
気を付けないといけませんね。

 

また、酵素が十分に行きわたっていると代謝がよく働き
肌のターンオーバーが早くなったり、新しく生まれる肌が健康的だったりします。
肌が最近くすんでみえる・・・という人は酵素が足りないのかも?!

 

 

その他の効果

 

胃腸のトラブル

上記にもでていますが、酵素が足りないと腸内環境が悪くなりがちです。

 

酵素は、年齢によって作られる酵素の量が決まっていると言われています。
20代では100%、40代で50%、60代では30%もの量に落ちてしまうのです。
「年を取ってから、油っこい物を食べると次の日もたれるんだよ」というのは間違いではありませんね。

 

消化酵素が足りず、胃で消化するスピードが落ちると
そのまま腸へ送られてしまうので腸には未消化の食べ物がごろごろ。
それが腐敗していき、悪玉菌が”毒性のアンモニア・硫化水素・発がん性物質”を増やす手伝いをしてしまいます。

 

悪玉菌が増えると便秘にもなりやすいので、
便秘になった場合はその悪い物質・老廃物が体外にでるスピードが遅く、
腸から悪い成分が吸収され体中を巡ってしまうことも。。。

 

 

生理不順・冷え性

女性の月経は、多くの酵素を消費しています。
体のホルモン(エストロゲン)を作り出したり減らしたりと調整にも酵素が必要ですし、
子宮内膜を柔らかい血液にする・新たに子宮内膜を作る・卵子を作る・排卵する・・・
これらにも代謝酵素が必要になってきます。

 

酵素が足りない場合、子宮内膜をさらさらな血液にすることができなかったり
卵子が未成熟になってしまう・血流が回り切らず冷え性になってしまう・・・
などの影響も与えかねません。
女性は男性に比べて酵素が不足しがちなので、余計に補給は必要になります。

 

 

アレルギー・花粉症

酵素が増えると消化が上手にきちんとできるようになるので
腸の状態(免疫機能の正常化・向上)が良くなります。

 

腸の善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れると腸管バリア機能が低下したり
免疫機能が正常に働かなくなったりするので食物アレルギーになりやすくなります。

 

酵素が十分に行きわたると最終的に腸の状態がよくなり、免疫機能が正常化し
免疫機能が正常化すると食物アレルギー反応が穏やかになることもあります。
花粉症の方も腸内環境を整えると花粉症の症状が軽減するという研究報告もあります。

 

 

効果的な摂取の仕方

 

酵素を摂取するのにオススメだと言われる時間帯は食前の15分〜30分です。
その前に食べ物から酵素を吸収し、体に巡らせておくと
消化酵素が足りて唾液や胃液が充分に満ち足ります。

 

また、胃へ血液が集中しても脳の活性化が落ちにくくなり
昼食後に眠くなる・・・といったことも避けやすくなります。

 

 

どうしても外食が多いという方は、
メイン・炭水化物を食べる前にサラダを良く噛んで食べましょう。
サラダを全て食べ終わって5分程置いてから
食事を始めれば、血糖値の急上昇も抑えられ、ダイエットの面から見てもバッチリです。

 

コンビニで買える物では”野菜スティック”が手軽に取れて簡単です。
酵素はダイコン・ブロッコリー・キャベルに特に多いと言われています。
果物だとパイナップル・キウイ・バナナなど。

 

ただし、熱に弱いので生で摂取する必要があります。
それに、食前にサラダをゆっくり食べて・・・と毎回するのはなかなか難しいですよね。

 

そこで簡単に取れる「酵素サプリ」や「酵素ドリンク」がおすすめです。

 

酵素サプリだったら仕事で外にでている時でも
お昼休憩前にさっと飲めるし、外出中にも取りやすいですね。
ただ、酵素ドリンクよりは吸収する時間が遅めなので昼食時間を見計らって早めに摂る必要があります。

 

 

酵素ドリンクの方は、吸収も早くて加工も少なく種類も豊富です。
食事の時間が不定期だったり、効果をより求める人は酵素ドリンクがいいのではないでしょうか。
ただ、持ち運びがしづらいので水筒にいれるなどの工夫が必要です。
水筒に酵素ドリンク+炭酸水をいれて、外出中の水分補給に使えばジュース感覚で酵素を補給できていいですね。

 

 

どうして酵素ドリンクが人気なのか

 

酵素ドリンクの人気の秘密は、ずばり”手軽さ”だと思います。

 

 

仕事をしている人も、家事育児に忙しいお母さんも
「とりあえず食前に飲んでおけばダイエットに効果が見込めて健康的になれる」
という点が忙しい私たちにはぴったり。

 

もちろん、三食きっちりたっぷりの海藻サラダを食べて、メインは鶏肉料理、デザートは季節のフルーツ・・・
と、できる環境であれば食事から摂るのが理想的です。

 

しかし、野菜もフルーツも高いですし
毎日毎日手作りで用意するのは大変です。
付き合いで飲み会に行く日もありますよね。疲れてて夕飯は簡単に済ませたい日だってあります。

 

コンビニやスーパー、どこでも簡単に食べ物が買えるので
ついつい手に取るのは甘い物や油っぽい物になりがち。

 

そのような物は酵素の消費が激しいので女性の天敵です。
その結果、冷え性が酷くなったり、PMSが辛かったり、胃腸が弱かったり。
体調が悪い時に食事や運動などに気を使っている余裕はないので
すぐに飲むことができる酵素ドリンクが人気となっているようです。

 

自分の体調不良や頭の冴えが酵素不足からくるものだったら
早めに対処しないと人生損した気分になりますね。

 

page top